髪に悪影響のタバコ

最近髪が薄くなってきた、髪にコシがないなど、髪について悩んでいる方は少なくありません。

髪の健康を守り、抜け毛を予防するには毎日のヘアケアが大事です。

自分で簡単にできるシャンプーやマッサージなどのヘアケアはいくつかありますが、自分の生活について見直すことも、重要なヘアケアの1つといえます。

たばこは健康に良くない、とは言われていますが、髪にとっても良くありません。

たばこに含まれる「ニコチン」は血管を収縮させて、血液の流れが悪くなると頭皮の血液の循環も悪くなり、毛根に充分な栄養が行き渡らなくなり、結果、抜け毛を促進してしまうのです。

髪のことを大事に考えるなら、禁煙することをオススメします。

髪に良い栄養成分

髪の健康を考えるとき、血液をサラサラにする効果のある食べ物を積極的に摂取するようにしましょう。
血液がドロドロだと、髪に充分な栄養が行き届かないことになってしまいます。

では、血液サラサラにする食べ物はどんなものがあるのでしょう。

タンパク質は、肉や魚、大豆に含まれている成分。良質なタンパク質を含む魚や豆腐から多くとるようにしましょう。

ビタミンAやEは、ほうれん草やかぼちゃなど、緑黄色野菜にたくさん含まれています。
ビタミンBは、玄米やレバーに含まれています。皮膚の新陳代謝が良くなるので、頭皮にも重要な栄養素です。

食生活の改善は、抜け毛予防だけではなく、私達の体の健康にもつながります。

体の健康は髪の健康で、また健康であることはストレス軽減にもつながり、抜け毛予防につながります。