肩こり解消方法

肩こり解消のストレッチのポイントは、息を止めずに行うことです。
強いストレッチは筋肉の疲労が増しやすいため、弱く行うことが大事です。

息を止めずに弱いストレッチを行い、ストレッチ時間は40秒間が肩こり解消のストレッチとして好ましいようです。

肩こり解消するには、筋肉のスイッチをちゃんと切るストレッチを行うことが重要で、筋肉の働きをコントロールしている筋紡錘をストレッチによって止めることが肩こり解消につながります。

筋紡錘は一度力が入ると興奮状態が続き、リラックス状態に戻ることがないため、ストレッチを行って働きを止めないと、いつまでも筋肉を休めることができずに身体に支障が出てきます。

⇒全国で話題の肩こりグッズ

肩こりの原因

首、肩、背中の筋肉が弱ると肩こりを起こしやすくなるため、適度な運動が肩こり解消になってきます。

肩こりのための運動などもありますが、軽いジョギングなどでも効果があるので、試してみましょう。

肩こりの原因には、仕事環境やストレスなども大きく関係しているようで、長時間同じ姿勢を続けなくてはならない職業の方は、肩こりを起こしやすいのが現状です。

肩こりを解消するために仕事を変えるわけにはいかないので、休憩時間などを利用して自分なりに肩こりをほぐすストレッチやマッサージなどを行いましょう。

トレスも肩こりの原因となるので、カラダとこころをうまくほぐしていくのも、肩こり解消のひとつになります。