縮毛矯正のいい点

縮毛矯正をしようと思っている人にとって、縮毛矯正のいいところや悪いところを知りたいと思っていると思います。

良い点をあげてみると、縮毛矯正はストレートパーマやアイロンとは違って、施術後の髪の毛の状態はサラサラ・ツヤツヤになります。
ストレートも持続しますし、見た目、キューティクルも整ってきれいにそして若々しく見えます。

ドライヤーをかけるときに、くせ毛のときは、まっすぐにするのにすごい労力がひつようですが、縮毛矯正をかけると、簡単に乾かすだけで髪の毛がまとまります。

毎日髪型を決めるために、イライラしたり、時間に遅れそうになったり、くせ毛で自分の髪が嫌いな人には、最適な施術方法だと思います。毎日のブローが楽になりますよ。

ストレートパーマと縮毛矯正

縮毛矯正は、アイロンを使って髪の毛を伸ばすしますが、このおかげで髪に艶やストレート感を出すことができるので、普通のストレートパーマでもアイロンを使うところもあるようです。

ストレートパーマは、パーマによるウェーブやカールなどを取ってまっすぐにするためのものです。
くせ毛の人がストレートパーマをかけると、パーマが落ちてなくなれば、もとのくせが戻ります。

縮毛矯正は、一度かけた髪の毛はまっすぐのままです。

縮毛矯正は、薬剤とアイロンの熱で痛む可能性があるので、髪の毛が痛んでいる人は止めた方がいいようです。美容師さんから止めといた方がいいと言われる可能性もあります。

自分が施術できるかどうか、縮毛矯正かストレートパーマかなどは担当の美容師さんに相談して決めることをおすすめします。