毛穴の開き

毛穴の目立つ部分や年によっても違います。
最近、乾燥毛穴やたるみ
毛穴という言葉をよく聞くようになりました。
これらの毛穴の原因は、乾燥や紫外線などだそうです。

乾燥毛穴は、お肌が乾燥することによって、細胞が乱れることです。
夏でもエアコンなどを使うことによって、かなり乾燥しているそうです。
なので、お肌は一年中乾燥した状態になっているようです。
汗をかいていたりしても、お肌は乾燥していると思って、充分な保湿を心がけた方がいいみたいです。

毛穴の黒ずみ

毛穴の黒ずみは、過剰な皮脂でによって作られた角栓が、酸化して黒ずんでいる状態です。
花のあたまの黒いポツポツなどがそうです。

黒ずみの原因のひとつは、目に見えない毛穴の奥の汚れです。

金属の汚れや、ファンデーションや化粧品に含まれる石油系の残留物や、老廃物が酸化したもので、十分に洗顔しているつもりでも汚れは少しずつたまっているのです。

黒ずみや角栓、汚れなどがたまると、毛穴が目立って着てしまいます。

洗顔前に蒸しタオルやスチームをあてると毛穴が開き、汚れが取れやすくなります。
皮脂を減らして、皮脂の酸化を防ぐためには、ビタミンB郡が効果的です。

毛穴のあれこれ

にきびとは毛穴が詰まり、そこに脂がたまってしまった状態で、その症状により、白にきびや黒にきび、赤にきびなどと呼ばれます。対処法もさまざまです。

顔にある毛穴には3種類あり、うぶ毛が生える軟毛性毛包、ヒゲや髪の毛が生える終毛性毛包、そしてもう一つは、うぶ毛は生えるが大きな皮脂腺を持つ脂腺性毛包というものです。

軟毛性毛包と終毛性毛包は顔と頭にあり、脂腺性毛包は顔のほかにも胸や背中の中央部にあります。

脂腺性毛包にある皮脂腺は、大きくて皮脂を大量に分泌するので、胸や背中にもにきびができやすいのです。

皮脂は皮膚の表面をなめらかにして、乾燥から皮膚を守るという大事な役目があります。

にきびの原因としてどうしても悪者にされがちな皮脂ですが、皮膚の保護のためになくてはならない存在です。

目指せ毛穴ゼロ

春になって暖かくなると同時に、肌がテカってきたり、毛穴が開いてきてしまいます。
毛穴が開くと、肌がくすんでみえて、年よりも老けて見られてしまうこともあります。
カバーしつつも、透明感のあるを作りたいですよね。

毛穴の開きが特に目立つのは、小鼻の周りと頬です。この部分さえきれいに仕上げれば、肌全体のトーンがアップします。

下地を伸ばしたら、コンシーラを少量とって、すりこむように、小鼻にくるくるとなじませ、頬は、毛穴が流れている方向と反対の方向にコンシーラをなじませます。
こうすることで、毛穴がキレイに埋まります。

毛穴・テカリ・崩れを防ぐ「パーフェクトコントロールカバー」

頬の毛穴

肌老化で気になるのが、頬の毛穴です。顔の中心にあるので目立ちやすいので気になります。
皮下脂肪との関係で、表情が動きにくい頬はたるみやすいらしいです。
皮下脂肪の重みを支えられなくなるとたるみがはじまり、それを防ぐには、真皮を元気にするしかないとか。
真皮をげんきにするためには、美容成分を当たれるのがいいようで、さらに、美容成分が届くように浸透力を高める柔らかい肌をつくって置くことが大切。
私は、たるみ毛穴が目立つときは、潤いを与える保湿成分のタップリ入った化粧水を使って、コットンパックします。
オススメは、ポーラのアグレーラローション リフトモイストです。セラミドのカプセルが肌をもっちりと潤わせてくれます。

⇒EGF美容液