便秘の正しいケア

便秘のケアの方法として、下剤や浣腸を使って排便を促すというのは、正しいケアの方法とはいえません。

浣腸の使い方としては、慢性の便秘で便が詰まってしまった状態を改善するための一時的な処置です。

便秘になったから浣腸をすればいいと思って、そういったケアを繰り返していたら、腸の正常な反射を妨げ、症状がかえってひどくなってしまうこともあります。

市販の下剤にもいろいろな作用をするものがあります。自分の便秘の症状に合ったものを使うことで十分な効果を得ることができますが、一人で選ぶのは難しいのかもしれません。

便秘の解消には、やはり日ごろから、生活習慣に気をつけることがだいじです。

便秘とアレルギー

便秘になると、アレルギー物質の排出がうまくいかなくなったり、おなかの善玉菌が減ってしまうようなことが原因でアレルギー症状が出てしまうことがあるようです。

正常に排便されていれば、アレルギーの原因となる物質が排出されますが、便秘によって、カラダの中に溜めこみ、腸内の環境が乱れると、カラダに有害な物質が作られるようになります。

腸内で作られた有害物質が、腸の壁から吸収され、血液に混ざって全身に運ばれます。

全身に回ると、自律神経に乱れが出て、結果、アレルギーの症状が出てしまいます。

腸内環境が乱れることによって起こるアレルギーは、便秘意を解消する食生活を心がけることがひつようです。

花粉症にヨーグルトが効果があるとされるのは、腸内環境の乱れを直すことが症状が軽くなる効果が期待できると考えられているからです。

便秘と水分

水分不足によって起こる便秘では、便が硬くなってしまいます。

硬い便を無理して出す時に肛門が切れて出血を起こし、痔になってしまったり、スムーズな排便が行われず、便秘の症状を繰り返していると大腸ガンや大腸ポリープといった重い病気を引き起こすということもいわれています。

便秘の状態を放っておくことで健康にさまざまな弊害が起こってくることがわかっているので、早期に便秘の症状を改善することが大切です。

朝起き抜けにコップ一杯の冷たい水や牛乳を飲む習慣を付けることで、便秘解消の効果が得られます。特に、腸の働きが弱っている弛緩性便秘に効果的です。

便秘でも、腸の緊張が高まっているけいれん性便秘の人には冷たい水は刺激が強すぎるので温めのものを飲むようにするといいでしょう。

便秘と肌荒れ

便秘は、お腹が張ったりするようなお腹の不快だけじゃなく、肌荒れや吹き出物といった美容的なトラブルを引き起こすこともあります。

便秘の状態を放っておくと、慢性的な便秘になって、解消することがだんだん難しくなってしまい、そうなるとなおさら肌荒れや吹き出物の症状がひどくなってしまいます。便秘は早めに解消するようにしましょう。
また、便秘は、男性よりも女性の方がなりやすいという傾向があり、これはホルモンバランスの変化が関係しています。

そのほか、ダイエットが原因で便秘になることもあります。

きれいな肌のためにも、バランスの取れた食事、規則正しい生活をして便秘を解消しましょう。

便秘の原因

便秘のほとんどは機能性便秘と言われるもので、原因となっているのは、食事の乱れや生活習慣、運動不足、ストレスなどがあります。

食事の量が少なかったり、水分が不足していると、腸にうまく刺激が伝わらずぜん動運動が鈍くなります。そのためにスムーズに便が排泄されなくなります。

また、トイレをがまんするということも、便秘の原因となります。

便意をがまんすると、直腸から脳へ送られる「排便したい」という命令に反することになり、がまんを繰り返すうちに便意が弱くなってしまいます。
これらの便秘は生活習慣や食生活を見直すことで解消できるものです。

便秘の症状

便秘の人のなかには、1週間も排便がなくても、不快な症状を感じないという人もいるようですが、それは便秘という状態が慢性的になって、体がそれに慣れてしまっているようです。

症状がなくても、1週間も排便がないのは正常な状態とはいえません。

正常な排便に戻すために食生活や生活習慣を見直す必要があります。便秘の解消にはきちんと三食の食事を摂り、しっかりと水分を補給することが大切です。

食事の量が不足していると、腸壁に適度な刺激が与えられないので、便意が起こらなくなって、水分の不足は便が硬くなります。そのため、スムーズな排便がしにくくなります。

また、便秘の解消のためには、適度な運動を行うことも大事です。