床のきしみを直す

家の補修というと、専門の業者に頼まないとできないような感じがしますが、ちょっとした補修なら、特別な道具もつかわずに自分でできることもあります。

例えば、フローリングの床のきしみですが、きしみの原因は、水分を含んだりして床板自身が反ってしまった事があげられます。
これは、ワックスをこまめに塗ることで水分の浸入をある程度防げます。

歩くたびにキュッキュッと音がするようになってしまったら、音のする板と板の隙間に、シャンプーをちょっと流し込んでみましょう。
ただし、段差ができるほど板が反り返っているようなら、この方法ではもう直りません。