バストケアとメラニン色素

メラニン色素とは、皮膚や体毛、目の中にある黒い色の色素の事を指しています。紫外線から肌を守ろうとして分泌される物質だと言われています。

メラニン色素がある場所は、ひじ、ビキニライン、脇の下、ひざ、胸、乳首と言うような場所にあります。

放っておくとその場所に色素沈着して黒くなってしまいます。これがよく言うシミや黒ずみと言った事になってきます。

色素沈着してしまったときの対処方法は色々ありますが、バストに関してはデリケートな部分である為、バスト専用のケア用品を使うと良いでしょう。

母乳とバストケア

出産した女性でもバストを綺麗に保っている人はけっこういます。

バストが大きくなりすぎて、妊娠線の様な白い筋ができてしまう事もあります。こ

こういった線を防ぐ化粧品がありますので、気になる方は、使うようにするとよいでしょう。

極端場合は、バストの形が変わるのを恐れて、母乳ではなくミルクで赤ちゃんを育てるといったケースもあるようですが、母乳をあげるということは、ある時期にしかできませんし、赤ちゃんの身体に免疫を持たせると言う意味でもとても大事なものです。

母乳をあげないでバストをキープするという方法ではなく、母乳をあげてもバストをキープする努力をしましょう。