生ハーブでハーブティ

おうちでハーブを育てている人も多いと思います。ペパーミントなどは、育てやすいので、もし育てたことが無い人も興味があれば、キッチンなどでも作ることもできます。
生タイプのハーブを使って、ハーブティーを飲んでみましょう。
フレッシュハーブは、まずハーブを水洗いして汚れを取り、水気を切ります。
ハーブが柔らかければ枝も全部使っても大丈夫ですが、固いところがある場合は、葉の部分など柔らかいところを使うようにします。

用意できたハーブを、適当な大きさに切りますが、この時あまり細かく刻んでしまうと、青臭さが出てしまうことがあるので、少し粗めにきざむようにします。

きざみ具合によっては味わいも変わってきますので何回か試してみて、好みの具合をみつけてくださいね。

生のハーブをでハーブティーを入れる

おうちでハーブを栽培している人は、ハーブティーを作ってみましょう。

買ってきたティーバッグや乾燥したハーブを使用するのも手軽に楽しめますが、簡単に栽培することもできるハーブもあるので、一度試してみると、さらにハーブを楽しめます。

手軽なものだと、やはりペパーミントです。
ペパーミントは、食間に飲めば、食欲を抑えます。食後に飲むと、便秘解消にも。

生のハーブを使用する方法ですが、ハーブを摘んできたらそのハーブを水でよく洗います。そして、ハーブを手でちぎって温めたティーポットに入れましょう。沸騰したお湯を静かに注いで3分ほど蒸らします。お茶の葉が出てくるようなら、茶こしを使って注ぎます。

⇒最高級オーガニックルイボスティー