チョコとダイエット

先日テレビで、チョコはダイエット中のおやつとして適していると言ってました。

その時食べるチョコは、カカオ分が70%以上のものがいいようです。
私はむしろ、ダークチョコが好きなので、そうなんだ♪ってちょっと嬉しくなりました。

最近、チョコのポリフェノールが注目されていて、カカオ70%のチョコって、さまざまなのが売ってますよね。
ダークチョコはほろ苦いんですが、口どけもイマイチで、ニガテっていう人も多いみたいです。

チョコレートの成分である、レプチンやアディポネクチンは食欲を抑さえる効果があるそうです。
あと、食物繊維もたくさん含まれているので、ダイエット向きなのですね。

ダイエット向きの主食

この時期、そうめんやひやむぎは食欲が無いときでも食べやすいので、どうしてもいつもより食べてしまいがちですが、ダイエット中は、カラダを冷やすのは良くありません。

パンは、小麦粉で作っていますが、油やたまご、砂糖なども使っているので、カロリーは高めです。

私もどうしてもパンが好きなので、ダイエット中もどうしても食べたいものですが、食べるときは半分にカットして食べたり、角食には、バターなどを控えるように気を付けています。
菓子パンなどは、ダイエット中は食べられないと思ったほうがいいと思います。
最近は、菓子パンもカロリー表示するようになったので、よく見てみてください。
信じられないカロリーが記載されているはずです。

ご飯だと、噛み応えもあるし、油をあまり使わないおかずにすれば、とくに和食などはダイエット向きです。

もともと和食好きの人はいいですよね・・・

ダイエットに必要な栄養素

体に必要な水分、ミネラル、ビタミンを摂取するのに重要な栄養素が3つをダイエット時にもバランス良く摂らなければ、ダイエットに成功できないかもしれません。

一つは、ビタミンB群です。
ビタミンB2は脂肪の代謝をよくし、ビタミンB1は糖質の代謝を、ビタミンB6はたんぱく質の代謝をよくします。

食物繊維は便秘防止効果があり、さらに、コレステロールの吸収を阻害して体外に排出するため、血中のコレステロール値の上昇を防ぐ効果もあります。

カリウムは利尿作用があり、体のむくみを解消してくれます。

カリウムとナトリウムは体内で一定のバランスをもっていて、ナトリウムをとりすぎると尿と一緒に排出しようとするため、体内の濃度が一定に保たれる仕組みです。

さらにカリウムは末梢血管を拡張して、血圧を下げる効果もあるので血圧を正常に保ってくれます。

ダイエット黒酢

健康食品のお店に行くと、いろんな種類のお酢関係の商品を見るようになりましたね。
お酢が健康によいと話題になってから、ジュースや黒酢を使ったドレッシングなど、美味しそうなものもたくさんあります。

黒酢は、ダイエットの効果があるとして、話題になりました。

女性は冷え性の方が多く、冷えたところに脂肪がつきやすいといいます。

黒酢は、この冷え性を改善するのに効果的のようです。

黒酢に含まれるクエン酸は、エネルギー変換がスムーズになって代謝機能がよくなり、結果的に太りにくい体質になるようです。

アミノ酸も多く含まれているので脂肪の分解を促進します。

クエン酸、アミノ酸の両方のパワーで、ダイエット効果が大きいのです。

飲むタイミングですが、運動前や運動後がいいようです。

ただ、注意しなければならないことは、胃腸の弱い方は、空腹に飲むと気分が悪くなったりしますので気をつけてください。

胃腸の弱い人は食後に薄めたものを少しずつ飲みましょう。

ダイエットの本来の目的

最近、朝バナナダイエットが人気ですが、その他、スープダイエット、キャベツダイエットなどの置き換えダイエットも流行しましたね。

ダイエットするために、食事量を減らせば確かに体重は落ちていくと思いますが、体重と一緒に肌のつやや張りまで失っていくことも。

本来のダイエットというのは、体重を落とすことが目的ではないようです。

適切でない食生活によってバランスを崩してしまった体を、本来の健康な状態に戻すことにより、体重・体脂肪も自然と落ちてくることがダイエットの本来の目的のようです。

健康的なダイエットは、食事量を無理に制限することではなくて、食事バランスを正していくことにあります。