ヴァントルテとインテグレート

ヴァントルテとインテグレートとなぜ2つが出てきたかというと、ヴァントルテのミネラルシルクパウダーファンデーションとインテグレートのビューティフィルター ファンデーションは、同じくパフで付けるルースパウダータイプのファンデーションだからです。

最初、ヴァントルテのミネラルファンデーションを使った時に、パフを使って付けるのがとっても気に入りました。

ミネラルファンデーションはほとんどブラシを使って付けるんですが、私はそれがあまり得意ではなかったんです。

それと、ブランドを変えるごとにブラシが増えてきて、ちょっとブルーになっていました。

なので、ヴァントルテのパフで付けるというのが素敵だなと思いました。

もしかしたら、ほかのミネラルファンデーションもパフで付けても大丈夫なのかもしれないですが、ちょっとまだ試していません。

ヴァントルテは本当の意味でのミネラルファンデーションで、ミネラルオンリーでクレンジング等も要らないです。

感触もふわっとして良かったです。

ただ、色は標準色でしたが、少し赤みがあり一般的のものよりも暗い感じでした。

インテグレートのビューティフィルター ファンデーションは、美肌アプリのようなファンデというのが気になって買ってみました。

同じようにパフで付けますが、手持ちの仕上げ用パウダーなどのパフよりも、付属のパフで付ける方がキレイでした。

これが、キャッチコピーで言っているだけあって、ルーセントパウダーのファンデーションなのにカバー力がけっこうあります。

付けた感じはとても軽いですし、お値段もプチプラで買いやすいです。

こちらは、ミネラルオンリーというわけではないみたいで、クレンジングなどは必要です。

UVカット効果は、ヴァントルテがSPF25・PA++、インテグレートの方はSPF15・PA++とちょっと低め。

私はこのインテグレートのビューティフィルターファンデーションを仕上げ用パウダーとして使ってます。

お気に入りのファンデを塗ったら、ビューティフィルターファンデーションを軽く乗せます。

印象ですが、フンワリ感もアップしていい感じです。

クリアエステヴェールで色遊び

クリアエステヴェールネタばっかりなんですが、私はナチュラルという色とオークルという色の2色を持ってます。

最初に買ったのはナチュラルで、これはクリアエステヴェールの標準の色なんです。

ファンデーションの標準色といえば、オークルで少し黄色がかっているものが多いんですが、少し違うんですよね。

ピンクがかった色で、塗ると少し明るめになります。

もちろん合う合わないはありますが、クリアエステヴェールはペタっと色を絵の具みたいに塗ったカバー感じゃなくって、光でカバーするような感じなので、少し明るめの色を塗ったとしてもそれほど不自然な感じにはならないんです。
ただ、色は合う合わないがあるので、少し微妙ですが。

40代の前半くらいはナチュラルですごく気に入っていたのですが、後半くらいになると、肌が少しくすんできて、オークルも欲しくなってきました。

オークルはナチュラルを少し黄味寄りにした色で、これも普通のオークルよりは少しマイルドな色になってます。

オークルを使ってみたら、肌のいろいろな”アラ”を消してくれたので、気に入りました。

ですが、今はこの2つを混ぜて使ってます。

その時によって、半々で混ぜたり、オークルやナチュラルを多めにしたりして、調節してます。

行く場所や服などによって変えてます。

でも、よく見ると、肌の色も日によって違うので、なんとなく感覚的に変えてるんですよね。

面白いです。

クリアエステヴェールの色選び

お気に入りのクリアエステヴェールが半額キャンペーン中です

私が下地や美容液ファンデとしていろいろ使っているクリアエステヴェールが半額キャンペーン中なんです。

それも、今日まで”(°°;)”!

今月の初旬から始まっていて、知っていたんですが、書くのを忘れてました。

私は初回購入じゃないので、半額キャンペーンには参加できないんですが、クリアエステヴェールはすごくいいファンデなので、使いたい人もいるんじゃないかなーと思いまして・・・

私は相変わらず、お出かけしない日や軽い外出のときに、日焼け止めを塗らずにクリアエステヴェールをダイレクトに塗って過ごしたり、薄づきのパウダーファンデや若い人向けのパウダーファンデの下地なんかに使ってます。

色もナチュラルとオークルを持っていて、その都度メイクの色とか行く場所とか、肌の色に合わせて混ぜたりどちらかの色を使ったりして、ホントに活躍してるんですよね。

使ってみたかったーなんていう方は、チャンスですのでぜひ試してみてください♪

薬用クリアエステヴェール【公式】

ビーグレンの10-YBでローションパック

私は、ここぞというときに使うコスメがあって、それがビーグレンです。

30代後半くらいになって、肌の悩みが深くなった頃から買いはじめて、毎日使うというよりは、悩みを解決したいときにつかってます。

 

なんか、時々すごく深い悩みが出るときがないですか?

すっごくほうれい線が深くなった気がする!とか、

フェイスラインがたるんできてやばい!とか、

目のシワが急に目立つ!とか、

そういう時に対処するために、すごく効果の高い化粧品を使うんです。

 

大手化粧品の中には、恐ろしく高級な化粧品がありますが、そういうものもサンプルを使って見る限りでは、それほど即効性もなくて、欲しいなと思ったものはないんですが、ビーグレンの場合は、すぐに悩みが解決するので、いつもすごいなと思います。

値段も、それほど安くもないですが、高くもなくて、効果の割には買いやすいです。

 

最近、フェイスラインのたるみが気になってきたので、ビーグレンの、10-YB化粧水でローションパックをしています

DSCN3194
この10-YBっていうのは、10years backのことで、10年前の肌に戻るっていう意味です。

少しとろみのある化粧水で、美容液っぽくもあり、お風呂上がりに、シートにたっぷり含ませてパックします。

フェイスラインが気になるので、あごのラインも隠れるくらいしっかり覆います。

毎日使うんじゃなくても、2、3日おきくらいにやると、肌がグンとハリを取り戻します。

値段は5,000円なんですが、150mlも入っていて、その量にちょっとびっくりします。

今10%オフキャンペーンなので、気になるかたはお試し下さい。

10-YBローション

あっという間に

毎年言ってるような気もするけど、今年もあっという間に終わり。

12月ももう半ばになってしまいました。

最近、ちょっと困ってることがあって、それがお肌の乾燥。

冬になって、暖房を使っていることもあるんだと思うんだけど、今まで感じたことのないお肌の奥からの乾燥です。

まだ、表面的にはカサついたりといった目に見えるものはないんですが、朝、シートマスクや美容液などをたっぷり、保湿力の高いファンデーションを使っても、日中つっぱるような感覚があります。

年のせいなんでしょうかね?

そういえば、数年前まで、午後になると、顔がテカるくらい脂っぽかった肌が、最近全然皮脂が出なくなってます。

CMで、沢口靖子さんが、50歳になったら、化粧水つけても乾きやすいなんておっしゃってますが、限りなく50歳に近づいた肌は、本当に水分も油分も減ってきています・・・

ファンデーション好きの私としては、なんとしても納得のいく保湿力のあるファンデーションを探し中です。

今日も、ベネフィークのパウダリーファンデーションを買ってきました。

パウダリーなんだけど、しっとり感があってすごくいいって聞いたので買ってきたんですが、やっぱり付けていると少しツッパリ感があるかも。

今年はあと半月ですが、まだまだファンデーション探しの旅は終わりそうにありません。

艶肌

誰しもが艶のある肌に憧れると思うんですが、私も肌に艶を出すためにいろいろ努力しました。

そもそも、肌に艶が欲しいなんて思うようになったのは、40代に入ってから。

鏡を見て、肌に艶がないなぁ・・・なんておもってのではなく、

ふと、CMに出ているモデルさんの肌が艶々していてキレイって思ったんです。

たぶん、自分の肌が自然な艶を持っている時にそんなことを感じたりしないのではないのでしょうか。

肌に艶を人工的に出すのって、そんなに簡単ではありません。

オイルを塗ってみたり、ワセリンを塗ったりいろいろやりました。

ファンデーションを塗った上からオイルを塗ったりするんです。

よれたり崩れたりしちゃう可能性があるので、ほんの少しです。

でも、少しくらいの量ならすぐに肌に浸透しちゃうんですよw

それがダメならと、スキンケア後の肌にオイルをすり込んだりしましたけど、これはファンデを汚く崩してしまうだけです。

最近になって、ボリューマーというコスメがあることを知りました。

韓国のコスメですが、BBやCCクリームなどに混ぜて艶を出すものです。

香りもよくて、いいなぁと思って混ぜて使ってみました。

付けたすぐあとは艶々っとしてるんですが、時間とともにこちらも吸い込まれて・・・w

すぐに普通の肌になってしまいましたよ。

いろいろやってみた結果、実は上に何か塗って艶を出すというのは違って、

肌自体に艶があると、ファンデを塗ってもなぜか艶々に見えるんです。

不思議。

じゃぁ、スキンケア頑張っていこうということになるんですが、いつ出るのか分からない艶をいつまでも待ち続けるのもちょっと違うような。

もちろん、食生活やスキンケアをちゃんとやっていくことは大事なんですけどね。

でも、肌そのものに艶を与えてくれる艶肌ファンデーションというのが実はあります。

そういうファンデは、成分の中に肌に潤いを与えるようなものが含まれているんです。

ファンデーションは一日中肌の上にあるものですから、肌がその潤い分を受けて、艶が出てくるんです。

不思議とこういうファンデーションは、崩れたり脂浮きが少なかったりします。

最近気に入っているベースメイク

最近、ハマっているベースメイクがあります。

それは、ラロッシュポゼの下地+クリアエステヴェールというもの。

これだけだと、かなりすっぴんぽくなるので、仕上げにミラコレをたっぷりです。

ラロッシュポゼの下地はとても肌に優しく、UVカット効果も高いので毎日使っています。

クリアエステヴェールも、ムラにならずに手早くきれいに仕上がるのでお気に入り。

もっと手早くするために、この2つを混ぜちゃうんです。

クリアエステヴェールは、どちらかというと素肌っぽい仕上がりのファンデなので、混ぜたものはかなり補正効果の高い下地というような感じになります。

ティント乳液なんていうのがありましたけど、そういう感じです。

なんか、普段のベースメイクで素肌っぽいけどちょっと補正してもらいたいけど、なんていう時ありませんか?

そういう感じなので、お休みの日なんかはこれで十分です。

ミラコレは、朝たっぷり付けると、全然化粧崩れがないので、お掃除とかで忙しい日なんかはとっても便利なんですよねー。

こんな感じで、休日の肌を作ってます。

スキンケアをシンプルに

スキンケアをある程度整理してしまうっていうのは、綺麗な方はきっとやってるんじゃないかな。

ネット上で、自分の年齢や肌質が似ている人の口コミなんかを読んだり、CMができるような大手の化粧品ばかりじゃなくて小さい会社の化粧品のコンセプトなどを見ることができるこの頃。

化粧品はライン使いじゃないととか、高ければいいとか、そんな風に選ぶ人も少なくなってるような気がする。

今まではBAさんに言われるがままに買っていたりしたんだけどね。

使い方が変わっていたり、面白かったり可愛かったり、珍しい成分などのコスメをたまに取り入れて見たりするには、いつものスキンケアは簡単な方が便利。

化粧水と乳液。おわり。ってかんじにしたい。

あとは、悩みに応じた美容液をプラスしたり。

私は、毎月届くコスメボックスを利用しているから、けっこう美容液はたまってきちゃう。

それも毎日使うとかじゃなくて、その日の気分や肌の状態に合わせて使うと肌の調子がいい。

最近は、化粧水と乳液に至ってもそんな風に使おうかなって思ってます。

年齢を重ねると、どうしても使いたいものが増えてきちゃうんだけど、上手にマイナスしていく方法も覚えたいです。

それには、日々、いろいろ試して、肌を比較するしかないんですよね。

活躍するファンデ

ファンデーションが好きでいろいろ持ってますが、なんだかんだで一番活躍するものというのはやっぱりあるものです。

好きなブランドがあったり、人気のファンデが使ってみたかったりして一応揃えてますが、一番使う機会が多いのは、24hコスメのファンデーションかな。

なぜこのファンデの出番が多いのか考えてみた。

まず、休日や家に居る日はこれを使うことが多いから。

外出がない日でもメイクをしていますが、休日までクレンジングに手間をかけるのが嫌なので、石けんでも落とせるものが重宝します。

それから、肌の調子がよくない時がけっこうあるから。

基礎化粧品が過剰だったり、不規則な生活や食べ過ぎとかで肌荒れしてる、たまにはかぶれたりということもあるので、そういう時は普通の重めのファンデは使いたくないです。

なので、結局肌に負担をかけない24hの出番が多くなっちゃうんです。

本当に薄化粧でいいやと思う日は日焼け止めにパウダーファンデーションのみ。

肌の調子が悪いけど外出や人に会う予定がある日は、24hのクリームタイプのファンデーションにパウダーを重ねています。

パウダーだけだと、時間が経つとどこかに行ってしまうようで、付いてないなーと感じることが多いんですが、肌にツヤは感じるんですよね。
それで、愛用してます。

年齢に合わせたファンデーションを

20代・30代は、ブランドや見た目(ケース)などでファンデーションを選んでいました。

CMで見たファンデが欲しくなって買ってみたり。

前回も肌に合うファンデーションの話をしたのですが、40代には40代に合ったファンデーションがあるんです。

40代だと、肌が急激にしぼんだり、シミが急に目立つといった悩みよりは、フェイスラインのゆるみが気になってきたりする年代です。

それが若い頃の肌となんとなく違う。

ゆるみが影を作ることによって、疲れたように見えたり、太ってもいないのになんとなくオバさんっぽい顔立ちになったりします。

いわゆるハリが無くなるってやつですね。

ハリを取り戻せば、若々しい印象が簡単に戻ってきます。

40代のファンデーションはそういう悩みをケアしてくれます。

いろいろなものを隠そうとすればだんだん厚塗りになってきます。

ファンデを少しだけ変えてあげるだけで、自信が取り戻せます。