ルチン

ルチンは、アスパラガス、そばやトマト等にたくさん含まれて居ます。

1930年代に発見されましたが、研究が進んだ現代では、血管の老化を防ぐ成分として注目されています。

ルチンは、ケルセチンやヘスペリジンとともにビタミンPとも呼ばれています。

ルチンには植物を紫外線から守る働きがあり、紫外線が多い夏ほど生成される量が多いと考えられます。
なので、ルチンが含まれる野菜などを選ぶときにも太陽の光を浴びて熟した色鮮やかなものを選ぶと良いとされています。

抗酸化作用や炎症作用があるとされているので、美容液
、クリームといった化粧品にも配合されています。

ルチンにはビタミンCの吸収を助ける働きがあり、ビタミンCは抗酸化作用が高く血管に傷が付くのを防ぐ成分です。
このため、この2つを同時に摂ることで血管の老化を防ぐといわれています。

また、内出血を予防したり、高血圧、出血性の病気を予防する効果も期待されています。

生理と腰痛

生理痛には、腰痛もあります。
頭痛や腹痛よりはひどくないようですが、これも生理痛の症状のひとつといえます。

生理痛である腰痛がなぜおこるのかハッキリと分かっていませんが、子宮の収縮と関係しているようtです。
腹痛も生理中に子宮がが収縮することで痛くなるようなので、腰痛もそれと同じような理由だと考え垂れているそうです。

ホルモンのバランスが乱れることも一つの原因になっていて、整理中のカラダというのは敏感な状態なので、ホルモンのバランスが少し崩れることで腰痛などの症状を引き起こすことがあるみたいです。

これらは、「機能性月経困難症」と言われて、病気などによって起こるものではなく、痛みを軽くするためには、腰を温めることが良いようです。

デトックスフットバス

脚ヤセにフットバスが効果的なようですが、特にデトックスフットバスはさらに効果が期待できます。
デトックスフットバスは、カラダの中にたまっている有害な物質を足の裏から排出させます。
電流をフットバスから流すことで、カラダの周波数が整って、リンパや血液に刺激を与え、流れが良くなるという仕組みです。
デトックスフットバスをすると、血行が良くなって、カラダの中に蓄積された有害物質を排出させることができるんだそうです。
さらに、リンパの流れがスムーズになって、自律神経が正常になります。
冷え性や足の浮腫み、肩こりなどの症状が改善させることができます。
リラックス効果もありますので、最近体調が悪いと感じたり、疲れが溜まっている人にはオススメです。

生理前の肌荒れ

生理前になると肌荒れするという女性がおおいようです。
もともと、肌が荒れ気味のひとが、生理の前に一層ひどくなることがあるそうです。

生理前の肌荒れは、いわゆるPMS(月経前症候群)と呼ばれるものです。
PMSには、人によってさまざまな症状があり、肌荒れもそうですが、イライラや頭痛、ひどい眠気、頭痛などがあります。

PMSは、生理の周期にともなって、ホルモンのバランスや量の変化によって起こるとされています。

肌荒れがPMSが原因かどうかは、生理が始まったときに症状が治まるかどうかで判断できます。
PMSによる肌荒れの場合は、生理が始まって、2~3日で治ってくる場合が多いようです。

生理前専用サプリ

骨盤デトックス

ほとんどの女性が、骨盤がゆがんでいるようです。

特に出産を経験した人は、産道を確保するために、骨盤が開き、産後そのままにしておくことで歪みが生じるようでうs。
出産後には、ちゃんと骨盤矯正を行うことが必要みたいです。

骨盤がゆがむと、リンパが滞りやすくなり、血流が悪くなります。さらに代謝も悪くなります。
骨盤のゆがみを取ることで、リンパの流れが良くなり、代謝がアップします。

そして、便秘も解消され、ぽっこりしたお腹が改善されます。

骨盤のゆがみを治すことでデトックス効果が期待できるということです。

ヤーコン

ヤーコンってどんな食品なのか知らなかったのですが、これがなかなかの優秀な食品のようです。

見た目は芋みたいで、食感はさくさくとした梨のような感じみたいですね。
なんか、食感は好きそうなかんじなのですが・・・

ヤーコンは、整腸作用や血糖値抑制効果が注目されているそうです。

ポリフェノールや、食物繊維がたくさん含まれているので、便秘に効果があり、そういった点から、ダイエット食品としても人気があるみたいです。

ただ、ヤーコンは、かなり苦いみたいです・・・

食べ方は、採ってから、1ヶ月くらいおいておくと甘みも出てくるらしいのですが、フラクトオリゴ糖が分解してしまうので、漬物にするのがいいみたいです。

ビタミンを効率よく摂る?

ビタミンも一緒に摂ると、さらにパワーアップする組み合わせがあります。

抗酸化ビタミンとして活躍するのは、ビタミンA+ビタミンC+ビタミンEです。

一緒に摂れば、相乗効果でカラダが錆びるのを防ぐ力がアップします。
ビタミンCはビタミンEの抗酸化力を高める作用があります。

また、お肌のハリを高めるために良い組み合わせは、コラーゲン+ビタミンC+パントテン酸です。

コラーゲンの生成を促すために、ビタミンCが必要なのは有名ですが、このときビタミンCの助けをするのが、パントテン酸なのです。

コラーゲンだけ摂るのではなく、これらも一緒に摂ることで他の成分がサポートして、さらに美しさをアップさせてくれます。

ダイエット向きの主食

この時期、そうめんやひやむぎは食欲が無いときでも食べやすいので、どうしてもいつもより食べてしまいがちですが、ダイエット中は、カラダを冷やすのは良くありません。

パンは、小麦粉で作っていますが、油やたまご、砂糖なども使っているので、カロリーは高めです。

私もどうしてもパンが好きなので、ダイエット中もどうしても食べたいものですが、食べるときは半分にカットして食べたり、角食には、バターなどを控えるように気を付けています。
菓子パンなどは、ダイエット中は食べられないと思ったほうがいいと思います。
最近は、菓子パンもカロリー表示するようになったので、よく見てみてください。
信じられないカロリーが記載されているはずです。

ご飯だと、噛み応えもあるし、油をあまり使わないおかずにすれば、とくに和食などはダイエット向きです。

もともと和食好きの人はいいですよね・・・

デトックスの方法

体外毒素とは、食べ物と一緒に体の中に入ってくるニコチンやリン・重金属などで、毒素がカラダにたまると、例えば便秘や肩こり・倦怠感などの症状が表れます。ひどくなれば大きな病気を引き起こす可能性も出てきます。

お茶、ジュース、食事やなどの他にも、運動をしたりエステに通ったりすることでも毒素排出を行なうことが出来ます。サプリメント

お手軽にでできる方法としては、岩盤浴や足湯などでもできます。

デトックスは、体内毒素や体外毒素と呼ばれる体の中に溜まった毒素を取り除くことで、こういった有害物質の多くは脂肪に蓄積されることが多いらしいです。

こういったものは、やっぱり溜めておかないで、できればうまく排出して、健康で暮らしたいですよね。

便秘の正しいケア

便秘のケアの方法として、下剤や浣腸を使って排便を促すというのは、正しいケアの方法とはいえません。

浣腸の使い方としては、慢性の便秘で便が詰まってしまった状態を改善するための一時的な処置です。

便秘になったから浣腸をすればいいと思って、そういったケアを繰り返していたら、腸の正常な反射を妨げ、症状がかえってひどくなってしまうこともあります。

市販の下剤にもいろいろな作用をするものがあります。自分の便秘の症状に合ったものを使うことで十分な効果を得ることができますが、一人で選ぶのは難しいのかもしれません。

便秘の解消には、やはり日ごろから、生活習慣に気をつけることがだいじです。