40代の肌に合うファンデ

40代で、同年代の方がどんなファンデーションを使っているのか気になったことはありませんか?

40代になると、30代ではもやもやとしながらも顕在化していなかった肌の悩みが、一気に現実のものとなります。

なってみないと気づかないことって多いですが、肌の老化もそのひとつです。

 

それでも40代になったばかりなら、それほど悩みは深くありません。

なんとなく、顔に影が出てきたり、シミかな?と思うようなものがあったり、時々鏡を見て、疲れた顔をしてるなーと感じたり。

そんな程度かも。

これが、40代も後半になると、シミはシミとして君臨、肌のハリもあきらかになくなってきていて、太っていないのにフェイスラインが緩くなってきたり。

それで、ファンデーションに頼ることも多くなってくるわけなんです。

 

それまで、ファンデーション選びは、案外不真面目にやっていました。

CMで誰某が出ているからとか、パッケージが可愛い、お気に入りのブランドだ。なんて感じで選んでました。

でも、最近はブランドもケースも関係ない。

とにかく、いかに肌が若々しくキレイに見えるか。

 

ファンデーションばかりではなく、基礎化粧品の見直しも重要です。

やっぱり40代になったら、リッチな成分のものに変更したり、美顔器を取り入れる(エステに行く)といったようなステップアップも必要かも。

今までの化粧品がそれなりだったとしても、30代の延長だとすれば、やっぱり少しずつ少しずつ衰えて行きます。

私の場合30歳から美顔器を使っているのに、シミやシワ、たるみ等が目立ってきているので、それだけだと追いつかないようです。

 

話はファンデーションに戻しますが、ファンデーションは、やっぱり40代くらいにターゲットを絞っている商品もあるんです。

とくにどの年代が使っても大丈夫なんですけど、子育てが一段落した女性くらいが使いたいんじゃないかな?っていう商品です。

40代も過ぎると、ホルモンのバランスも悪くなってきて、肌が乾燥したり、ターンオーバーが乱れがちになります。

そうすると、今までお気に入りだったファンデーションも、なんだかちょっと物足りない、という気持ちになってくるんですよね。

それと、逆から言えば、少し気をつけてコスメを変えるだけで、劇的にキレイになれます。

40代で意識を変えることは、今後、おばさんになるか、キレイに年を重ねていくか、分かれ目になります。

40代は、少しだけ流行に置いていかれる時期なので、そこでふんばるか、流してしまうかによって、行き先が分かれてしまうんです。

そういう意味でも、40代の人気のファンデーションを知っておくというようなこともおばさんになってしまわない重要な項目になります。

目のしたのたるみ

目の下のたるみ、どうにかしたいって思っていますが、なかなか改善されません。
目もとの皮膚は、体の中でも、皮下脂肪が少なく薄いんだそうです。しかも皮脂腺が少なくて、乾燥しやすく、弾力を保つ力がよわいらしいです。
目もとのたるみは、筋肉が衰えるからで、意識して、目もとの筋肉を使うことが少ないので、衰えやすいらしいです。
なので、たるみケアは、マッサージでほぐして、さらに目もとの筋肉を鍛えることが必要みたいです。

アトピー治療のための病院選びのポイント

アトピーは、病院選びが大切です。

アトピーの病院選びで重要なことは、初診時にこれまでの病歴や現在の状況を説明してもらえることと、患者を診察してくれること、実施する検査や治療方法を説明してくれて必要最低限にしてくれていることなどがあります。

また処方してくれる薬の種類や内容、副作用について、服用や使用方法まで細かく説明してくれる病院を選びましょう。

日本皮膚学会でも自宅の近くの病院を紹介してもらう事もできます。様々な病院の情報を得て信頼できる医師や病院で治療を受けましょう。

アンチエイジングのための費用

アンチエイジング治療のために美容外科を利用したいと思っている女性も、だんだん増えてきていますよね。
テレビなどでも、特集が組まれていたり、出演者が実際に施している番組をやっていたりするので、だんだん一般的になっているんだと思います。
しかも、女性ばかりではなく、男性も利用者が増えているんだそうです。

人気の美容外科でのアンチエインジング治療ですが、費用はどのくらいかかるのでしょう。

その美容整形外科によって費用にも差があると思いますが、費用の負担があまりないのは、コラーゲンやヒアルロン酸を注入する方法でしょう。
金額は10万円前後のようです。治療したあとの効果は、半年~1年くらいと続くいわれています。
ヒアルロン酸は、もうちょっと長くて1年くらいのようです。

豊胸術の体験談

これから、豊胸術を受けようと思っている人にとっては、豊胸術を実際に体験した人の話しは、とても役に立つものばかりで、たぶん、みんなが抱える不安や悩みというのは、ほとんどが同じような悩みを持っています。

豊胸術をしようと思ったときに、一番悩むのがどこで受けるかということです。

実際に受けて成功した人などが身近に居ると行きやすいですが、みんながみんなそういうわけにはいきません。

ほとんどの人は、いくつかのクリニックを訪れてカウンセリングをしてみて決めているようです。
対応が良い悪いもありますし、信頼できるお医者さんかどうかは会ってみるのが一番わかりますよね。

豊胸術後の痛みも、筋肉痛のような痛みがある程度でそれほど苦にはならないという人が多いようで、それよりも、胸が大きくなるという喜びのほうが大きいようです。

ストレートパーマと縮毛矯正

縮毛矯正は、アイロンを使って髪の毛を伸ばすしますが、このおかげで髪に艶やストレート感を出すことができるので、普通のストレートパーマでもアイロンを使うところもあるようです。

ストレートパーマは、パーマによるウェーブやカールなどを取ってまっすぐにするためのものです。
くせ毛の人がストレートパーマをかけると、パーマが落ちてなくなれば、もとのくせが戻ります。

縮毛矯正は、一度かけた髪の毛はまっすぐのままです。

縮毛矯正は、薬剤とアイロンの熱で痛む可能性があるので、髪の毛が痛んでいる人は止めた方がいいようです。美容師さんから止めといた方がいいと言われる可能性もあります。

自分が施術できるかどうか、縮毛矯正かストレートパーマかなどは担当の美容師さんに相談して決めることをおすすめします。

節約生活 台所でのガス代節約術

ガス代を節約するために、毎日の台所仕事で心掛けたいことをご紹介します。

洗い物をする場合、お湯の温度はは40度程度で油汚れでもきれいに落とすことができます。

4人分の食器を手洗いしたとき、10度お湯の温度を低くすると8.9円の節約になってきます。
汚れにあわせて、こまめにお湯の温度をコントロールすると節約になります。

煮物料理を作る場合は落とし蓋を使いましょう。

味がしみこみやすく、料理も美味しくできるうえに、ガス代の節約にもなるからです。

落とし蓋をした時としなかった時とでは約6円分もガス代が違ってきます。

ちゃんとした落とし蓋が無くても、アルミホイルを使って代用しましょう。

床のきしみを直す

家の補修というと、専門の業者に頼まないとできないような感じがしますが、ちょっとした補修なら、特別な道具もつかわずに自分でできることもあります。

例えば、フローリングの床のきしみですが、きしみの原因は、水分を含んだりして床板自身が反ってしまった事があげられます。
これは、ワックスをこまめに塗ることで水分の浸入をある程度防げます。

歩くたびにキュッキュッと音がするようになってしまったら、音のする板と板の隙間に、シャンプーをちょっと流し込んでみましょう。
ただし、段差ができるほど板が反り返っているようなら、この方法ではもう直りません。